メッセージ

楽しみながら共に歩む健やかなる道

楽健道の目指すべきは、他律と自律を融合させ、楽しく医療維新を行うことです。
これから、日本社会は超少子高齢化社会に突入していきます。
2025年には、医療・医師・看護師・介護士・病院が追い付かなくなると言われています。


そこで、(他律)として身心のケアができる「一家に1人整体師」を育成すること。(自律)のセルフケア「横隔膜ほぐし」で自分で自分のことを自分にできる、自律できた人を増やしていくこと。この2つの活動が急務であり、医療費削減・介護費削減に大きく貢献できると思っています。

健康の「健」という字は、「人が建つ」と書きます。
自律をするか、自律する意識がないと、健康にはなれないと教えてくれています。

これを実現する為には、人々が大きく意識改革し自らの可能性に挑戦し、もっと本物に触れ、本質を学べる環境が必要不可欠である為、『一般社団法人 楽健道協会』を立ち上げました。

先人たちの知恵や魂が注がれる、楽健術の施術は精鋭無比であり、その施術のクオリティの追求は永遠に尽きることはないし、絶対に妥協することはできません。
また、自分自身の素材を、磨くことを怠ることなく鍛錬し、自身の存在価値・意義に気づき、時流を読み今の時代にふさわしい個々の進化成長が不可欠です。
楽健道は、「肚の練れた人間力溢れる」仲間と共に、切磋琢磨できる環境を整備していきます。

そして、いつも私たちを支えてくれている、家族やスタッフ、同志のみんな、
お客様に敬意と感謝を忘れず、最善を尽くして生きます。
それが愛すべき未来への使命であり、天との約束です!

楽健道が未来に向けて進化し、社会に喜ばれる存在であり続け、他律「楽健術」と自律「横隔膜ほぐし」で笑顔を広げ、楽健道生みんなで楽しみながら、少子高齢化社会を元気にしていきましょう!

楽健道は、患者さんの夢や願いを一つひとつ叶えていくことこそが、愛すべき子供たちの未来につながる道だと信じています。
感謝

一般社団法人 楽健道協会
代表理事 京谷達矢