楽健道アカデミー 学ぶ for スキル講座

 
「様々な症状に対応できるようになりたい方、仕事にされたい方、プロの治療家・セラピストの方向けです」

【楽健道アカデミーについて】
貴方も、一流になれます!
楽健道アカデミーでは、一般の主婦やサラリーマンの方を、身体を診ることのできる一流の楽健術師に育てます!

ベッドや道具がなくても、海でも山でも、カフェや居酒屋、寿司屋のカウンターなど、場所を選ばず、立位でも座位でも、その時その場で最速最短で診て問題解決できるようになります。

一流の楽健術師を目指す上で重要なことがあります。
それは、

⑴検査力・診断力です!
問題解決をする上で一番大切なことは見立てが出来ること。
⑵骨診骨調です!
骨格構造を診て調えられること。
⑶日本の理念と心を学ぶこと!
母性性を育て、包容力を養うこと。

楽健道アカデミーでは、この3つを短期間で養い育てるプログラムがあり、個々の能力を引き出し、自信漲る人財を多く輩出しています。

【腰痛の方の場合の例をあげてみます】
先ずは、骨格構造から診ます。仙腸関節なのか?仙骨なのか?腰椎なのか?股関節なのか?
これら全て診るのにかかる時間は、30秒程度です。全て調整しても5分程度です。

骨格に問題なければ、筋肉のバランスを診ます。
例えば、大腰筋、腰方形筋、腹直筋、腹斜筋、腹横筋を診るとします。

どの筋肉が弱化しているのか?どの筋肉が過緊張なのか?前後左右どれなのか?どこのバランスがよくないのか?
検査にかかる時間は、30秒程度です。調整は1分程度です。トータルでも3分ほどで調います。

1800年代に医療界から、骨格構造を診ることを隠されてしまいました。
骨格構造を診れるようになれば、多くの治療家・セラピストの施術がシンプルになり、シンプルに結果が出るようになります。

正に授業から骨を抜かれ、筋肉や腱、膜などに注力したカリキュラムになっています。

骨は、骨格の名称を覚えるに留まり、筋肉がどこに付着しているかを学んでいます。
骨格を整えることは国家資格の世界では教わらないので、知らないのです。

現に、町の総合病院や大学病院に行っても、骨格を診て調えることはありません。
このことにより、治療家とセラピストの頭の中が複雑化してしまっているのです。

楽健術の命である「手診」を体得すれば、短時間で見立てができ、施術のビフォーアフターがはっきり出てしまうので、仕事が楽しくなり、どんどん自分自身が元氣になっていきます!
※「手診」とは、楽健道の誇る和の検査法のことです。

楽健道アカデミーのベーシックコース(基礎課程)では、受講いただいたその日に、「手診」を伝授いたします。
どなたでも習ったその日から仕事で使えます! すぐに現場で活かせます! 相乗効果であなたの施術が生かされます!

【こんな方にオススメです】
⑴一流の整体師になりたい方!
⑵骨格を調えれるようになりたい方!
⑶短時間で結果を出せるようになりたい方!
⑷検査力を高めたい方!
⑸圧倒的な差別化を図りたい方!
⑹結果にこだわっている方!
⑺沢山のセミナーに参加され技術を学び過ぎてる方!
⑻一日20人くらい診たい方!

【楽健術について】
楽健術では「手診」という独自の骨伝反射による検査法により、瞬時に見立て、骨が行きたい方向に導き調えます。
コンセントや道具、力は入りません。

その時その場で、手で診て手を当てることで調えることができます。
主訴を調え根本を正します。

骨が本来あるべき姿に調うことにより「氣」が発生し全身に伝播します。
そのことにより、血流が良くなり、さらにはリンパ液などの体液の巡りもよくなり、自然治癒能力を高めることができます。

心身の様々な病気や症状、美容面での症状など沢山のお悩みがありますが、全ての症状をケアする前に楽健術で骨格構造を調え、先ずは體のあり方を正しましょう。

全てのベースとなります!
身体の不調の80%は、骨格の歪みを正すと改善するのです。

ベーシックコース(基礎課程)

体の歪みを整える上で一番の要である骨盤調整や仙骨の調整を学びます。
また、人体の中心にある背骨の調整も学べ、内容の充実した実践的なカリキュラムになっています。

コース内容
検査法と調整法
・骨盤調整(仙腸関節)
・仙骨調整
・腰椎調整
・胸椎調整
・頚椎調整
楽健道押圧整体法1
楽健道押圧整体法2

参加費429,000円(税込)
※地方開催の場合は0.5%アップになります。
※別途、交通費・宿泊費かかります。

時間 8時間 × 3日間
講師 楽健道®認定講師

今後の開催情報をチェック

 

マスターコース

整体師として独立を目指す方、すでに開業されている整体師の方でさらに技術を磨き上げたい方向けの内容です。整体師として一人で開業するために必要な技術の全てをお伝えします。マスターコースでは下記の内容を3回の合宿で学びます。

  • 全身骨格調整編
  • 筋肉調整編
  • 楽健術応用編

全身骨格調整編:コース内容
臨床各論1 骨格調整編(検査法・調整法)
・恥骨調整
・股関節調整
・鎖骨調整
・肩甲骨調整
・肩鎖関節調整
・肩調整
・肘調整
・手首調整
・指調整
・膝調整
・頚腓関節調整
・足首調整
・踵調整
・側頭骨調整
・後頭骨調整
・矢状縫合調整
・前頭骨調整
・顎関節調整
筋肉調整編:コース内容
臨床各論2 骨格筋調整編(検査法・調整法)
1.棘上筋調整
2.大円筋調整
3.大胸筋鎖骨部調整
4.肩甲挙筋調整
5.前部頸椎屈曲筋調整
6.後部頸椎伸展筋調整
7.腕橈骨筋調整
8.上腕二頭筋調整
9.広背筋調整
10.中部僧帽筋調整
11.下部僧帽筋調整
12.母指対立筋調整
13.上腕三頭筋調整
14.肩甲下筋調整
15.大腿四頭筋調整
16.腹筋調整
17.腓骨筋調整
18.長・短腓骨筋調整
19.脊柱起立筋調整
20.前脛骨筋調整
21.後脛骨筋調整
22.大腰筋調整
23.上部僧帽筋調整
24.腸骨筋調整
25.中臀筋調整
26.内転筋調整
27.梨状筋調整
28.大臀筋調整
29.小円筋調整
30.縫工筋調整
31.薄筋調整
32.ひらめ筋調整
33.腓腹筋調整
34.三角筋(前部)調整
35.膝窩筋調整
36.大胸筋胸肋部調整
37.菱形筋調整
38.前鋸筋調整
39.烏口腕筋調整
40.三角筋(中部)調整
41.横隔膜調整
42.大腿筋膜張筋調整
43.ハムストリングス筋調整
44.腰方形筋調整
楽健術応用編:コース内容
  臨床各論3 内臓調整編(検査法・調整法)
・横隔膜調整
・回盲弁調整
・大腸調整
・胃調整
  臨床各論4 応用編(楽健術の実際)
・骨格固定化調整
・筋肉アンバランス調整
・ストレス遮断
・重心調整
・第1頸椎と後頭骨固定化調整
・第7頸椎と第1肋骨癒着調整

参加費詳しくはお問い合わせください。

時間 2泊3日×3回
講師 代表理事 京谷達矢

今後の開催情報をチェック